私たちは沖縄県にある”エイサーのまち”沖縄市、南桃原地区出身・上原慶と山里地区出身・比嘉正也の2名を中心に山内裕史・石垣正弘・仲里貴之・増渕博文・上田恵美・山本紗世子の8名により2005年1月6日に結成。

中野を活動拠点に活動していた「東京エイサーシンカ」に所属していたメンバーが東京エイサーシンカから「早稲田エイサーシンカ(現中野区新風エイサー)」の独立を経て、沖縄のように地域に根差したエイサー団体を作らなければ東京のエイサー文化は無くなってしまうという思いから地域密着型の当会を立ち上げるに至りました。

沖縄の地域にねざした青年会組織の伝統エイサー精神を引き継ぎ「地域貢献・青少年育成・文化交流」を会の運営方針とし、踊りを楽しむサークルではなく、踊りと祭りを通して共に地域生活を営むコミュニティーの形成を目指し活動しています。